■プロフィール

蘇民将来之子孫

Author:蘇民将来之子孫
三重県伊勢市在住の蘇民将来の子孫が、仕事の途中にぶらっと立ち寄った(伊勢)神宮125社を中心に、伊勢周辺の寺院、史跡、名所等を記録風に紹介しているブログです。

■最新記事
■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
史跡・名所・遺構  岩田涼菟の石標柱
このブログは、蘇民将来之子孫が、仕事のついでに立ち寄った(伊勢)神宮125社その他伊勢市内の神社、寺院、旧跡、名所等を記録したブログです。
(伊勢)神宮125社にご興味やご関心のある方はどうぞご参考にして下さい。
なお、あくまで「仕事のついでに立ち寄った」ですので更新は不定期です。


訪問日  平成27年2月8日

訪問先  岩田涼菟の石標柱
所在地  伊勢市大世古(大世古墓地)
駐車場  3~4台分有り
特徴等  郷土の俳人岩田涼菟(1659~1717)
岩田涼菟は、宇治山田市史(1929)によれば「名は正致(せいち)、号は団友斎涼菟で後に神風館(しんぷうかん)三世を継ぎ、享保二(1717年)年に五十九歳で死去。墓は大世古墓地、辞世の句は『合点じゃその暁の時鳥(ほととぎす)』と詠んだ」とある。

岩田涼菟の石標柱
s_150208_164741.jpg

s_150208_164712.jpg


場所

大きな地図で見る


参考図書
中日新聞「ふるさと再発見」2014年11月1日
スポンサーサイト


史跡・名所・遺構 | 21:48:38

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。